【フォーラム】IoB-S Open Forum #3 開催!


JSTムーンショット型研究開発事業の一環として、IoB-S(インターネット・オブ・ブレインズ・ソサエティ)では、脳神経科学技術の法的・倫理的課題探索を行なっています。

3回目となるIoB-Sのオープンフォーラムでは、刑事法について焦点を当て、BMI-CA技術が刑事法システム全体に与える影響について概観するほか、責任論、量刑論の観点からも議論を行います。

ふるってご参加ください。


IoB-S Open Forum #3

「刑事法の観点から」


【日程】

 2022年11月29日(火) 10:00~12:00

【開催方法】

 オンライン(Zoomウェビナー/参加無料)

【主催】

 IoB-S(インターネット・オブ・ブレインズ・ソサエティ)

【共催】

 KGRI(慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート)

【言語】

 日本語

【お問合せ】

 慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート

 IoB-Sプロジェクト 事務局

 iob.society.office@gmail.com


コーディネーター

・西村 友海(九州大学法学研究院 准教授)

報告者およびコメンテーター:

・報告者:山梨 光貴(常磐大学総合政策学部 助教・犯罪学)

・コメンテーター1:冨川 雅満 (九州大学法学研究院 准教授)

・コメンテーター2: 亀石 倫子(法律事務所エクラうめだ 弁護士)


プログラム:

・冒頭挨拶・問題意識の共有(約5分):IoB-S座長 駒村 圭吾(法学部 教授)

・BMI-CA技術による刑事法システム全体の変容?(約30分):山梨 光貴

・コメント:責任論の観点から(約15分):冨川 雅満

・コメント:量刑論/刑事実務の観点から(約15分):亀石 倫子

・ディスカッション


【参加登録フォーム】

https://keio-univ.zoom.us/webinar/register/WN_xp2vPK8jScmTEnFROURWng